1. >
  2. >
  3. 介護者のサポートをする「ケアマネジャー」

介護者のサポートをする「ケアマネジャー」

介護現場で必要不可欠なケアマネージャーの仕事

高齢化社会を迎え、介護の現場ではたくさんの人材が不足している状況です。
その中でも特にこれから介護業界でサービスの充実のために活躍するとされている仕事にケアマネージャーがあります。

ケアマネージャーは正式名称が介護支援専門員といい、介護保険制度がスタートしたと同時に誕生した職種です。
仕事としては介護を必要としている高齢者とその家族を介護保険サービスとをつなぎ合わせていく仕事をしています。

ケアマネージャーに求められる仕事内容

ケアマネージャーの仕事はとても多岐にわたるものです。
その中でも特に大切なものとして介護相談と要介護認定書類の作成があります。

介護を必要としている本人とその家族は自分たちにあった介護を受けることが必要になりますが、現在介護サービスは多様化しているため自分たちでは適切なものがわからないことも多いです。
そのため家族からのヒアリングによって適切なサービスを提案するのがケアマネージャーの大切な役割となっています。
これは介護が始まってからも介護者の状態の変化によって必要となることもありますし、介護サービス社との連携が取れない場合も相談を受けることもあり長期的な関係を作っていくことが大切です。

介護サービスを受けたいと考えたらその日からすぐ受けられるものではなく、要介護認定を受ける必要があります。
この要介護認定は地方自治体に手続きをして市区町村が介護が必要な状態であると認定しないと介護サービスが受けられないというものです。
要介護認定を受けることで介護保険の給付が受けられます。

この介護認定の手続きは専門的な知識が必要ですし書類もとても細かなものです。
そのため知識がないとなかなかうまく作成ができないため、介護者とその家族に代わって申請書類を作成し認定調査を受けるための手配をすることがケアマネージャーの役割となっています。

ケアプランの作成

介護を受けることが決まったら、ただサービスを受けるのではなくケアマネージャーの作成するケアプランに従って介護を受けることが必要です。
介護を受ける人たちにとって何が必要であるのか、どういった目的で介護をするのかということがなければ介護を受けてもなかなか効果が出てこなくなってしまいます。
そこで、ケアプランにのっとって介護を行い必要に応じて介護サービスの変更をしていくというものです。

このケアプランの作成はケアマネージャーの業務の中でもかなり大切なものであり、高齢者やその家族が安心して介護を受けるために大切なものとなります。
ケアプランを作成し、そのプランにあった介護サービスを提供できる事業者の選定、そしてプランがどのように行われているかのモニタリングまでが一連の作業です。