理学療法士

体の機能を回復させる

理学療法士は、病気や事故で体の機能に障害を持った人に対して、体の機能を回復させるのが仕事です。
主にリハビリを行って体の機能を回復させていき、医師の指示の元でリハビリを行います。

このような運動や物理療法も取り入れていき、機能を効果的に回復させたり、引き出していったりします。
実際にリハビリを行うには、人間の体に関する知識がなくてはならず、理学療法士になるにはそのようなことを学びます。

リハビリを行うときはその日でリハビリは終了せずに、機能が回復するには何度もリハビリを行い長い時間がかかり、仕事をするには根気が要求されます。

リハビリでは歩行訓練などを行いますが、他の病院スタッフと連携することも多いです。
日常的な動作を訓練に活かすために看護師と連携する、患者の状態を医師や看護師に伝えサポートしてもらうなどのことも行います。

勤務先としては、病院が最も多く、その他にリハビリセンターや老人ホームや障害施設などで働く方もいます。
また少数ではありますが、スポーツ選手を専門に行う理学療法士もいます。

理学療法士は病院で働きますが、医者ほど高待遇ではありません。
勤務先によっては、年齢の平均年収よりも低いところもあり、はっきり言うと待遇は悪いです。

月収としては23万円から27万円ぐらいとなり、年収にすると350万円から500万円です。
パートとして働くこともできますが、その場合の時給は2,000円ぐらいです。

一般的に病院の方が待遇が良く、福祉施設などは待遇が悪いです。
給料の上がり幅は少ないので、初任給が多いところで働いた方が良いです。
また役職を得れば給料は高くなります。

理学療法士になるには

理学療法士になるには、国家資格に合格しなければなりません。
受験資格を得るには、理学療法の養成課程がある、4年制の大学か3年制の短大や専門学校で学ぶ必要があり、その課程を修了すると受験できます。

その試験に合格すれば理学療法士としての資格が得られます。
しかし学校によっては受験前のテストがあり、それに不合格だと試験を受けられない場合があります。

作業療法士の資格を取得している方も多く、どちらかの資格を取得していれば学校での単位が免除されることもあります。
また理学療法士と作業療法士の2つの資格を取得すれば、専門性を高められて良いです。

高齢者が増えてきていることもあり、理学療法士の需要は高まっています。
そしてそれを目指す人も増えており、求人状況をみると少し求人は少なくなってはいますが、今後も需要が高まり必要とされる仕事です。

また、病院ばかりでなく、デイサービスや診療所などの地域に密着したサービスも求められています。