1. >
  2. >
  3. ブランクがあっても復帰しやすい「医療事務」

ブランクがあっても復帰しやすい「医療事務」

千も知識が必要な医療事務

事務経理関連の仕事は女性に人気の仕事です。
その中でも特に人気を集めているのが医療事務の仕事で最近では医療事務の資格を取得する人も増えています。

医療事務は一般的な事務職と同様に受付業務や事務作業行いますが、それだけでなく医療的な知識も必要です。
病院での受付をする際には予約の確認や症状の聞き取りも必要ですし、処方箋の受け渡し時にも医療用語の説明が求められることもあります。

また、医療事務の最も大切な仕事として診療報酬請求というレセプト業務といわれるものがあり、これが医療事務で必須となるスキルです。
病院では医療費の算出が必要であり、診療報酬請求をすることで患者は医療費の免除を受けることができますし、病院は診療点数を受けることができます。
最近ではパソコンで点数計算ができるようになっていますが、やはり知識がないと行えないですしミスがあると病院や患者の損失が出てしまう重大なものです。

医療事務は女性におすすめの仕事

医療事務は女性が長く働くことのできる仕事としてとてもニーズが高まっています。
レセプト業務のような専門性を必要とするために資格を持っている人や経験のある人が優遇されることが多いです。
そのため家庭に入って一時的に仕事を辞めたとしてもブランクがある状態からでも復職しやすいですし、仕事を始めると長く続けることができます。
また、仕事と家庭の両立がしやすく残業も少なく勤務スタイルも平日のみ、午前のみといった働き方が可能です。

医療事務としての仕事はレセプト業務だけでなく病院を働きやすい環境にしたり訪れる人たちが少しでもリラックスできるように環境整備することも求められます。
笑顔で迎え入れること、病気で不安な気持ちの人に寄り添うことなど、女性らしさが求められる場面も多いです。
仕事をしていてやりがいを感じることもできる場面も多く、事務職でありながら人と接する場面も多くあります。

医療事務は資格を持っている方が有利

医療医務はクリニックや病院によっては無資格・未経験という人でも採用しているところも多いです。
しかし、実際には資格を持っている人の方が採用されやすいですし、待遇も違うこともあります。

医療事務の仕事は専門知識が必要な仕事です。
そのため働く前にある程度専門知識を持っている方が働き始めた際にも仕事内容が覚えやすくなりますから、働く人にとっても資格を持っている方がよいと考えられます。

資格も通学して資格を取得するだけでなく通信講座でも資格取得が可能です。
そのため家事や育児で忙しい人でも挑戦しやすく資格試験も自宅で受験することができます。
空いた時間を利用して勉強ができるので、仕事を始める前に資格を取得しておくことがおすすめです。