メールマガジンライター

メールとして文字を書く

メールマガジンライターはメールマガジンを作成するのが仕事です。

これは普段携帯やスマホで作成しているメールとは全く違いますので、メールマガジンの形式として文章が書ける能力が必要です。

メールマガジンでは、文字数は少ないところは1,000文字程度から、多いと5,000文字や数万文字となる場合もあります。

これは何をメールマガジンにするかで違ってきます。
お店の商品紹介程度だと文章は比較的短くて良いでしょうし、お客さんに興味を持たせ購入に繋げるようなメールマガジンだと文章は長くなります。

メールマガジンの内容はネットショップの商品紹介から、情報商材の促進など主に商品購入に繋げるための内容が多いです。

文章を書けるなら誰でもメールマガジンライターになるのは可能ですが、やはり経験を積んでいった方が、メールマガジンの内容を考えてスムーズに書けます。

初めてメールマガジンライターとして働く場合は、内容と構成を考えるのに苦労するでしょう。
実際に仕事をすると、メールマガジンは誰でも毎日見ているようなものですが、自分で作成するのは苦労するものです。

給与としては1本いくらと言う場合や、1文字何円という報酬設定をしていることが多いです。

あまり給与は高くなく、1つのメールマガジンを完成させると得られる報酬は1,000円から3,000円ほどです。
本業としてやるには、稼ぐのが大変でしょう。

起承転結が必要

メールマガジンライターとしてメールを作成する場合は、起承転結を考える必要があります。

好きなことを闇雲に書くだけではメールマガジンが完成しても、クライアントが受け取ってくれません。
始めに何を書くか、そして最期に何を書くかを決めて書いていかないといけないのです。

メールマガジンの多くは、そのメールを読んでもらうだけでなく、その中の紹介している商品URLをクリックして、その商品を購入してもらうのが目的です。

広告として機能しますので、メールマガジンを読む人の興味を引かないといけません。

またメールマガジンがつまらなければ、購読を解除する人もいるので、出来るだけ購読解除しないようなメールマガジンにしなければなりません。

あなたが良い文章を書いて、そのメールマガジンで購買率が良ければ、さらに多くの仕事をもらえるでしょう。
しかし、その逆だと、そのクライアントからの仕事はそれっきりになります。

今は、メールマガジンに貼り付けるURLはクリック数を計測できるようになっていますので、それによってクリック率と、そのURLの先の商品の購買率が計測できるのです。

全てはメールマガジンで紹介する商品の購入率が良いか悪いかで決まります。