コピーライター

商品の宣伝文句

コピーライターはその商品の概要や特徴を文章で表わすのが仕事であり、購買層に訴えかける文章を書く必要があります。

コピーライターの良し悪しで商品の購入率も変り、印象のあるコピーは人の心に残り、商品販売終了後何年も話題になることもあります。
売れる文章を書く能力が問われるのです。

商品はお客さんが見ただけでは、どのような特徴なのか知ることは出来ません。
しかし、その最も表わしている特徴をコピーで表現し、それをコピーライターが考えます。

多くの商品は優れているから売れるということはなく、その人の感情が買いたいかと思うかどうかで購入が決まることも多いのです。

そのためにコピーはとても重要です。

コピーを書くためには、その商品を隅隅まで知らなければなりません。
広告を作るときにコピーは必要となりますが、これはコピーライターなしでも出来てしまいます。

それは広告会社がコピーを考えるからです。
しかし広告会社の考えるコピーは良くなく、それをそのまま使うと売り上げは良くない結果になります。
そこでコピーライターの登場となるのです。

コピーライターになるには

コピーライターになるためには、まずは制作プロダクションや広告代理店に入るべきです。
そのような会社で、広告について学び、そしてコピーライターとして働きます。

しかし、入社してすぐにコピーライターになれるわけではなく、最初は広告の事についていろいろと学んでいくこととなるでしょう。

このような会社に入るには、大学卒の人を募集していることが多いので、大学を出た方が入社しやすいです。
しかしコピーライター養成の専門学校などへ入り、そこから入社するという方法もあります。

しかし広告代理店などは希望者が多く難関です。
その他の方法としては、webサイト制作会社やメーカーの宣伝部門や広告部門などコピーライターを必要としている会社に入る方法です。

しかしやはりコピーライターとして働くには、それなりの実績が必要です。
実績を積むには、コピーライターとして専属で働くのではなく、仕事の一つとして行って実績を積む方法や、フリーランスとして実績を積む方法があります。

コピーライター養成の専門学校へ行き、そのままコピーライターとして働く方法もありますが、これは必ずしもこのような学校へ行けば仕事が出来るとは限りません。

才能や人脈があれば、そのようなコネで働ける会社を紹介してもらえる可能性はあります。
コピーライターとして働くには、とにかく言葉のセンスが必要となりますので、人を惹きつけるようなキャッチコピーを書ける能力が必要です。

日頃から様々なキャッチコピーやコピーを見て、学んでいくと良いでしょう。