1. >
  2. >
  3. 野菜や果物を育てる「農家」

野菜や果物を育てる「農家」

学歴資格が不問の仕事である農家

農家になるためには特別な資格や学歴はなくてもなることができます。
農作物を作るための農地があれば誰でも作成することは可能です。

とはいえ、農作物を作るのは誰でも思いついてすぐにできるわけではありません。
土を作ることから始まり天候に応じて生作物の状態を確認して育てることも大切ですし、販売戦略についてのノウハウも必要です。
そのため実家が農家で家業を継いで仕事をするという人もいますし、農業高校や大学で農業について学んだうえで農家を始めるという人も多くいます。

昔は誰でもできる仕事ということが言われていましたが、今では農家も品種改良をしたり販売方法を工夫したりすることも求められており、身につけるべき知識やスキルは多様化しているのが現状です。
誰でも始めることができますが、農家として成功をするためにはそれなりの努力が必要となります。

開業することもできるしやとわれて行うこともできる

農家として働くにあたっては二つの方法があります。
個人事業主となり自分が開業していく方法もありますし、農家に就職して学びながら働く方法もあるのです。

個人事業主の場合には農地を用意することから始まり販売する方法まですべて自分で決めることが必要になります。
すべて自分ですることができることが楽しさでもある反面、安定的な収入を得ることや資金を集めることはかなり大変です。

それに対して農家に就職して働くという場合にはサラリーマンのように給与をもらいながら働くことになります。
自分の思い通りに農業をすることができるわけではないものの、ノウハウを学ぶこともできますし安定的な収入を得ることもできるので未経験の人には向いている方法です。

どちらが良いかということは一概に言えないですが、全くの素人の状態で農家を働く場合には数年間は修行のためにも農家で働きながら学ぶことが良いと考えられます。
資金を集めるためにも数年間働いている方が理想通りの農地を手に入れることも可能になることが多いですし、農家で働くことによって人脈ができて良い農地を譲ってもらえることもありますから、全くの未経験から始めるならばやはり数年間は雇われる形で働く方が望ましいです。

最近では農林水産省も新規の農業就業者に対しての支援制度を設けてバックアップする体制ができています。
インターネットが普及したことで田舎で農業をしている人でも全国に農作物を販売する販路を作成して農家として大成功しているという人もおり、農家は一大ビジネスとなっている事業です。
昔のようなダサい、お金にならないといったものではなくなっており、農業で成功しているという人も多くいます。