フードコーディネーター

料理環境をコーディネート

フードコーディネーターは、食事の楽しみ方を提案したり良い食事環境を作ったりするのが仕事です。

仕事の範囲はとても広く、企業のレシピを作ったり、料理番組の料理コーナーに出演、料理講師になったり、食品関連企業でアドバイスするなどの仕事があり、とくにこれといった働き方は決まっていません。

食事に関してアドバイスや改善を提案できる場所ならどこででも働けます。

特に仕事をするにも資格は必要ありません。
資格は必要ないですが、仕事では食に関する知識、栄養やレシピなどを知っている必要はありますので、そのようなことを身につけておきます。

料理に関する専門学校や大学や短大に通うというのが一つの方法です。
資格としては、フードコーディネーター資格認定試験があり、これを取得するればフードコーディネーターとして名乗れますが、仕事には必須の資格ではないです。

仕事をしたいならフードコーディネーターとして働いている人のもとで技術や知識を磨くか、独立して会社を設立している人のところに入社するという方法もあります。

特に独立している人の元なら、将来独立するような場合にアドバイスをもらえたりもして便利です。

フードコーディネーターの仕事場

フードコーディネーターとして働く場所は、有名なところではテレビの料理番組の料理人というのがあります。
料理番組で料理を作っている人はフードコーディネーターです。

このような人は、名前も売れて有名にもなります。
番組当日にコンセプト通りのレシピを考え、撮影時間にその食材を元にそのレシピで料理を作ります。
時にはスタイリングや企画を行うこともあります。

食品メーカーでアドバイザーとして働く人もいます。

一つの商品を作るときに、人々は何を求めているのか、何が売れているのか、どのように宣伝していけばいいのか、というマーケティング調査から企画宣伝までの過程で、フードコーディネーターはアドバイザーとしてアドバイスをします。

同じくレストランでメニューに関するアドバイスや商品開発を行っている人もいます。

料理教室を開き講師として働く人もいます。
個人で料理教室を開く人や、どこかの企業に属して料理教室を開く人もおり、教室に来る人に対して料理の作り方から、テーブルコーディネート、調理器具の活用方法などを教えます。

料理は自分ならではの感性を反映させた独自のレシピで教えるような人もいます。

このようにフードコーディネーターの働き先は色々とあります。
一言にフードコーディネーターと言っても、あなたが何をしたいかで働く場所は違ってきます。

もしもフードコーディネーターになりたいなら、料理に関して何をしたいか考えてみるのが良いでしょう。