1. >
  2. >
  3. Webデザイナーってどんな職業?

Webデザイナーってどんな職業?

Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーは、インターネットで閲覧できるWebサイトを作成するための仕事の一つです。

Webサイトを作る時には、まずはどういった内容を掲載するかを考えそこからどのような仕様を盛り込むかということを企画していきます。

企業サイトの場合には、「コーポレートサイト」「ショッピングサイト」「ポータルサイト」「キュレーションサイト」「スタッフブログ」などいくつかの種類があるので目的に従ったサイトを作ります。

この時にサイト全体のデザインを担当するのがWebデザイナーです。
Webデザイナーは上記のようなサイト企画に沿った構成を考えることが主な仕事で、閲覧する人にとって使いやすいデザインをプロの立場から提案していきます。

デザインを作る場合には、見た目の良し悪しよりもできるだけ多くの人にとって見やすいものにするということが大切になるので、就業をするときには色彩などのデザインの基本を踏まえそこからユーザビリティを意識したレイアウトを考えます。

仕事に就く方法

Webデザイナーとして仕事をしていくために特に何らかの資格が必要になることはありません。
独学でWebサイトについて勉強をして仕事にしている人もかなり多く見られます。

しかし実際の業務ではWebサイトの構築に関わるHTMLやCSS、javaScriptなどといったマークアップ方法やプログラミングの知識が求められるので、全くの未経験から就業をするのは難しいでしょう。

主な就職先となるのはデザイン事務所や広告代理店、印刷会社などです。
フリーランスとして活躍されている人もいますが、最初のうちはそうした企業に就職をして案件を扱いながら経験を積んでいきます。

大手企業になると自社内でサイト構築と管理をする部署が設置されていることもありますので、そうしたところで専門に広報活動をするということもあります。

必要資格の有無

必須となる資格はありませんが、就職活動をするときに取得しておくと便利な資格があります。

代表的なものとして「Webクリエーター能力認定試験」や「ウェブデザイン技能検定」といったものがあります。

「ウェブデザイン技能検定」は厚生労働省が認定する国家資格となっており、転職活動をするために取得する資格としても人気があります。

また実際の仕事においてはAdobeのアプリケーションソフトを使用するのが一般的であることから、「アドビ認定エキスパート(ACE)」という資格も業界では取得する人が多くいます。

Adobe製品であるIllustratorやPhotoshop、Dreamweaverなどはデザイン関連職なら一通り使えるようになっておきたいところです。