1. >
  2. >
  3. 図面や3Dのデータを操作する「CADオペレーター」

図面や3Dのデータを操作する「CADオペレーター」

CADオペレーターというのはどういった仕事をするのか

CADオペレーターというのは名前の通りCADというソフトをオペレーションすることが仕事です。
設計やデザインしたものを参考にしてCADに入力をすると3Dデータや設計図面を作ることができます。
ものづくりの際に多くつかわれているものであり、建築業界はもちろんのこと、自動車業界、航空機業界、アパレル業界など幅広い分野で使われている技術です。

そのためCADを使っている職場ではCADオペレーターの資格を持っている方が優遇されることもあります。
働いている中でCADオペレーターの資格を取得してできる仕事の範囲を広げるという人も多いです。

設計者とCADオペレーターの違い

CADオペレーターはデザイン事務所やアパレル会社、自動車メーカーなど様々な場所で働いています。
そういった現場では設計者やデザイナーといった人がおり、そういった人がCADオペレーターの仕事をする方が効率よく仕事がすすめられるように思えるものです。
しかし、設計者やデザイナーは抱えている仕事も多く、クライアントとの仕事も複数同時に仕事を受け持っていることも多くあります。

そうするとクライアントの打ち合わせが重なるためかなり多忙となってしまうものです。
そこで打ち合わせ内容をもとに作成したデザイン画をCADオペレーターに渡してCADの作成と分担作業にすることで効率的に仕事を進めることができます。
そこで、設計者が考えたデザインを正確に反映させる能力がCADオペレーターには必要です。

ただし、デザイン事務所によっては人材を多く雇い入れることが難しいケースもあります。
そういった場合には経費削減のためにもCADオペレーターを採用せず設計者が自らCADの作成をするというケースもありますから、設計者はCADのスキルを持っていなくてもよいというわけではないです。

企業によってはアウトソーシングでCADの制作を依頼するということも増えています。
そのため人によってはCADの資格を持っているために在宅でCADの仕事をアウトソーシングで受注して請け負っているということも増えており、CADオペレーターの働き方は多様化しています。

CADの資格は独学でも勉強可能

CADの資格はコンピューター関連の学校や専門学校に通って取得する必要があると思っている人が多いです。
しかし独学でも十分資格を取得することができます。

CADの資格もいろいろとあり自分でソフトを使ってみながら十分勉強してスキルを身につけることも可能です。
フリーソフトもありますから、本格的な3Dのものでなければフリーソフトで十分勉強ができます。
専門学校に通わなくても通信教育でも資格取得のための勉強は可能ですから仕事をしながらや育児の合間に勉強しても十分資格取得は可能です。