ヘアメイクアーティスト

モデルやタレントのヘアメイクをする

ヘアメイクアーティストはメイクアップアーティストとも言われ、テレビや雑誌に出ているモデルやタレントのヘアメイクを行うのが仕事です。

メイクアップを行うのはもちろんこと、ヘアスタイリングも一緒に行い、これら両方の知識が必要です。
ヘアメイク専門の会社や、エステティックサロンや化粧品メーカーなどに所属して働きます。

実力を重ねていき、実績が認められるようになれば、独立してフリーとして働くことも可能です。

基本的にモデルの人がこういうヘアメイクにして欲しいという要望に応えてその通りにメイクします。
また出演する内容に合わせてメイクすることも必要であり、どのような雑誌なのか、どのような番組に出演するのかというのを把握しておかなければなりません。

ブライダルアーティストとして、結婚式場で活躍する人もおり、一般の人をメイクする人もいます。

ヘアメイクアーティストは、メイクをするばかりでなく、作品の制作にも間接的に関わっており、その作品のスタッフと一緒に作り上げていくということにもなります。

作品づくりを担ってもいるのです。

ヘアメイクアーティストになるには

ヘアメイクアーティストになるには、資格は必要ないです。
まずはメイクに関して学ぶ必要があり、美容専門学校に入学して学び、その後サロンや化粧品メーカーに行って仕事をする方法があります。

プロダクションなどでは学校を卒業した人しか採用しないところもあります。
技術を磨けば独立してサロンを開業する人もいます。

本格的な特殊メイクなどを学びたいなら、海外に行くべきでしょう。
やはりそのような場合は狭き門ですがハリウッドで学ぶのが良いです。
またイギリスやフランスでもそのような技術を学べるところはあります。

メイクアップアーティストになれば、仕事はクライアントの依頼通りに動き、依頼はいつ来るかわかりません。
そのために、仕事は不定期になることが多く、生活は不規則になります。

撮影などのモデルをヘアメイクするなら、撮影は1日で終わらないこともあり、スタジオに何日もいることもあります。
モデルの仕事は早朝や深夜に始まることもあるので、メイクアップアーティストもその時間に仕事場に行くこともしばしばあります。

ただし結婚式場のブライダルアーティストや個人相手の仕事なら、それほど時間は不規則になることはないです。

メイクアップアーティストの働く場所はモデルを相手にしたり、高齢者を相手にするメイクセラピー、個人を相手にする方法などいくつかあります。

しかし、モデルやタレントを相手にしたメイクアップアーティストになるにはとても大変であり、その分野で成功する人は一握りです。