エステティシャン

人を綺麗にする仕事

エステシャンは、エステをするのが仕事であり、全身の脱毛や美白などの施術を行い、人の体の見た目の悩みを解決します。

顔を小さくしたい、お腹の肉をとってスリムになりたい、足の毛が気になるので取りたい、肌を美しくしたいなどの悩みがあります。

そのような悩みに対して、適切な施術をしていきます。

美容器具を使うこともありますが、ハンドマッサージなど手を使ってお客様の体をマッサージしたり、オイルを塗ったりします。

お客様の悩みに対して施術方法は色々とあります。
また重要なのはカウンセリングを行ってお店に来るお客様の悩みをしっかりと聞くことです。

見た目だけでは何を悩んでいるのかわかりませんので、具体的にどうしたいか聞きます。

またエステに来るお客様は体を美しくしたいばかりではなく、時には癒しを求めてやってくることもあります。
癒しを求めるお客様に対しては、会話をしたりリラックス出来る空間を作ったりします。

アロマなどの香りを使うのも良いでしょう。
エステというと女性が行くような場所に思うかもしれませんが、最近では男性向けのメンズエステも出来ています。
脱毛エステなど特定の施術を行うエステもあります。

エステシャンになる方法

エステシャンになるには、特別な資格は必要ありません。
なるにはいくつかの道がありますが、一番代表的なのが養成学校に行くことです。

エステシャンの養成学校に行き、そこで技術などを学び、卒業後にエステサロン店で働きます。
学校を卒業すれば技術はありますので、未経験でもお店ですぐに働けます。

未経験でも雇ってくれるところはあります。
未経験でお店で働くには、まずは見習いとして仕事をします。

社内研修や勉強会を開いたりもしている所もありますので、そのような場所で学ぶことも出来ます。

エステとしては女性向けや男性向けエステの他に、結婚式のブライダルエステやアンチエイジングなどをメインとしたエステや岩盤浴を取り入れた所など、多種多様になっています。

エステのお店は増えていますので、ライバル店と差を付けるために、独自のサービスを行っているような所もあります。

エステ店としては、専門分野で施術を行う個人店とチェーン店を展開する企業が母体のお店という2つがあります。
大手のエステ店となれば、それなりに待遇の良いところもあります。

個人店は小さくても少しのスペースがあれば行うことが出来、自宅の一部を店舗にしている方もいます。
エステの技術を磨いていけば、独立して店を持つことも可能ですが、自分の店となると自分で営業して顧客を確保しないといけません。

またエステ店が増えてきていることにより、質の高い技術の持ったエステシャンが求められるようになっています。