1. >
  2. >
  3. CADオペレーターってどんな職業?

CADオペレーターってどんな職業?

CADオペレーターの仕事内容

建築や電気、土木の設計を行うときに使用するCAD(Computer Aided Design)で製図を担当するのがCADオペレーターの仕事です。

CADは設計用に開発されたアプリケーションで、操作をするためには専門的な知識が必要となります。

ただし実際の設計は建築士や電気設計士が担当をするので、CADオペレーターは先に提出された仕様書にもとづき、製図部分のみを担当していくことになります。

既に現在では設計図が必要になる工業分野のほぼ全てでCADが導入されているので、それぞれの業界で使用されるCADを使うことができるオペレーターが募集されているのです。

使用される主な業界としては、建築関連業界の他、家電メーカーや自動車、飛行機、造船などの重機メーカーなどがあります。

CADオペレーターとして仕事に就く方法

CADオペレーターの仕事は上記で紹介したような業界の設計課で募集をされています。

正社員として募集されていることもありますが、現在大手メーカーではほとんどの人員を派遣社員や契約社員として募集しています。

これは設計が必要な仕事は常に多くあるわけではなく、プロジェクトの受注があったときに一時的に多くの人が必要になるということが関係しているためです。

またCADオペレーターといっても使用されるアプリケーションによっては全く仕様が異なるので、その時に求められるソフトを使えるかどうかにより必要な人員が異なってきます。

最も有名なものとしてはAutoCADがありますが、フリーソフトとして使用できるJWcadも広く使用されています。

家電製品や自動車、飛行機などでは3DCADの導入が進んでおり、現場により2Dとの使い分けが必要になるでしょう。

派遣会社に登録をする場合には、自分が使えるCADの種類とともに、過去にどういった分野で仕事をした経験があるかということを提示します。

必要資格の有無

CADオペレーターとしての仕事をしていくために、資格は必ずしも必須ではありません。
ですが基本的なパソコン操作はもちろんのこと、さらに設計をする分野での製図知識が必要となるので、ほとんどの人が民間の技能資格を取得しているのです。

取っておくことにより就職に有利になるものとしては、一般社団法人コンピュータ教育振興協会による「CAD利用技術者試験」があります。

「CAD利用技術者試験」では、2次元CADの基本と技能、3次元CADの技能といったように3つの分野に分かれており、受験をするときには分野を選んで申し込みます。

受験者資格は特にありませんが、主な対象となっているのは工業高校や高等専門学校に在籍しており、今後CADを用いた業務に就業する予定のある人です。